ワーホリデビュー

オーストラリアにワーホリ行くなら持って行きたいもの10選

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
Loading ... Loading ...

仕事がなかなか見つからないオースオトラリアでは、車中泊がおすすめかも!

持って行きたいもの:国際運転免許

オーストラリアのワーホリは大変人気があるため、中々仕事が得られないままと言う事もあります。そのため、宿泊費を安く上げる為に大きな車を借りてそこに宿泊すると言う裏技を友人から聞きました!車で移動しながら仕事を探せば一石二鳥です。

オーストラリアの海を満喫

持って行きたいもの:ダイビングセット

オーストラリアでワーキングホリデーとして毎日仕事に明け暮れるのもいいでしょう、ですが忘れてはいけない物があります。それはダイビングセットです、海で泳いで日常のストレスから解放されましょう、オーストラリアの海は格別です。

持っていく帽子は、必ずつば付きで!

持って行きたいもの:つば付き帽子

世界で最も紫外線が強いオーストラリア。例え行くのが夏じゃなくっても、紫外線対策は絶対に必要です!日焼け止めは当然として、帽子ももちろん持っていってください。でもお洒落重視でベレー帽、なんて選んでは駄目。できるだけ広いつばの付いた帽子がベストです。

これだけは外せないそれはサングラスです

持って行きたいもの:サングラス

オーストラリアは意外と日差しが強く、冬でも非常にきついのでサングラスを持っていくのをおすすめします。これを着けているだけで本当に楽に外を歩くことができます。日本と同じもの感覚いると大変なのでとても重宝します。

とりあえずは水着でしょ

持って行きたいもの:水着

オーストラリアに行ったらあちこちの海に潜ってみたい。

日本では見られないような色なんだろうな。

綺麗な魚と戯れて遊びたいなあ・・。

そのためには水着は必須アイテム。

いくつかお気に入りの水着を用意して、向こうに持って行きたいと思いますね。

常備薬を忘れず持っていきましょう。

持って行きたいもの:常備薬

オーストラリアは南半球にある為、日本と季節逆になります。また気候風土も異なる為、旅行中に体調を崩すことが多いです。もちろん現地での薬の購入はできますが、一粒が大きいため、日本から持参をする方が安心です。

アボリジニアートを体験するために絵の具を用意。

持って行きたいもの:絵の具

オーストラリアには、アボリジニという原住民の方々が住んでいらっしゃいますが、アボリジニアートというアボリジニの人たちが作ったお土産も現地では有名です。

私は趣味で絵を描いたり、オブジェを作ったりすることが好きなので、現地の人に習うために絵の具を持っていきたいです。

頭痛薬や塗り薬など使い慣れているものを持っていく

持って行きたいもの:飲みなれた薬

オーストラリアの人たちと日本人では体格が全く違うので、発熱や頭痛、風邪などのときに市販薬を飲むと

薬の量や成分量が私達の体には過剰摂取となる場合が多々あるようです。薬の過剰摂取はやはり怖いですから

日本で普段から飲みなれている薬を持っていきたいですね。

靴の替えは忘れていけません

持って行きたいもの:靴

オーストラリアは広大な国です、移動についても歩くことが多くなります。

靴なんてものは自分に合わないものではえらい目に合ってしまいますので靴の換えを用意すれば安心、快適な旅を送れること間違いないでしょう。

大きな波に乗ってサーフィンを楽しみます

持って行きたいもの:サーフボード

オーストラリアには大きな波が立つ有名なサーフィンスポットがたくさんあります。サーフィンが大好きな自分は運ぶのが困難だとわかっていても、マイサーフボードを運んで現地の海で日本では味わえない大波に乗りたいです。

ココから始める!私のワーホリ\(^o^)/

Return Top