ワーホリデビュー

平均時給の高いワーホリ可能都市10選

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
Loading ... Loading ...

平均時給1500円以上の都市パース

国名:オーストラリア 都市名:パース

日本食をレストランもあり、

日本人のバイトを探していることもあります。

働き手が少ないみたいでこのような高賃金の待遇なので、

ワーホリを検討している方には大変オススメな都市だと思います。

物価もオーストラリアの他の年寄りも若干安いです。

やっぱり大都市は平均時給も生活費も高い!

国名:オーストラリア 都市名:シドニー

オーストラリア1の大都市であるシドニー。物価もそのほかの都市に比べれば高いですが、その分平均時給もそのほかの都市に比べて高かったです。あと、大都市ならではの求人がたくさんあるため、選ぶことができるのも大きなポイントです。

ミュンヘンはヨーロッパで華やかな街

国名:ドイツ 都市名:ミュンヘン

ミュンヘンには、BMWなど車メーカーも多々あり、ヨーロッパ中の方が移住してくるほど人気があります。また物価も高いですが、求人も多々ありますし、給料も高いので、かなりお給料面は充実しているのが分かります。快適な暮らしができます。

観光で有名なグレートバリアリーフはオススメ!

国名:オーストラリア 都市名:ケアンズ

ワーキングホリデーで働くなら、時給の高い場所がいいですよね。

オーストラリアなら、グレートバリアリーフなど人気の高い観光地の高級レストランやホテルがオススメです。

観光客からのチップもあるので、思った以上に稼ぐことができますよ。

オーストラリアの田舎の時給は激高!

国名:オーストラリア 都市名:アリススプリングス

オーストラリアは最低賃金が16ドルくらいからという時給が高い国ですが、その中でも田舎は超時給高!!平日で23ドル、土日は祝日はダブルペイの40ドル越えというなんともびっくりな給料です。田舎で短期間でも働けば貯金できますよ!

日本人が過ごしやすい都市パース

国名:オーストラリア 都市名:パース

地中海性気候で、1年を通して過ごしやすい都市です。また、ウェイターやガイドなどでは日本語で仕事をさせてもらえる上に、時給が高いのでオススメです。特にガイドは日本人観光客の相手なので気が楽だと思います。パースは日本人にとっては、環境の良い都市です。

安定して稼げる都市~メルボルン~

国名:オーストラリア 都市名:メルボルン

メルボルンは雇用状況がとても安定しています。各種アルバイトの募集も多く、仕事を見つけやすい地域です。語学力やスキルを持っていれば、人種や年齢、性別に関わらず、わりと苦労せず仕事に就けます。時給は15ドル~20ドル前後が一般的です。

フルーツのピッキングは短時間で高収入が期待できます。

国名:カナダ 都市名:オリバー

カナダのワーホリで、平均時給が高い都市と言ったら、オリバーでのフルーツのピッキングでしょう。

バンクーバーから遠く、また、時期的なものもあり、一年中働けるわけではないですが、初心者でも、一日8時間の労働で、120ドルくらい稼げますし、すごく稼ぐ人は、一日300ドルとかなので、時給だと38ドルにもなります。

ヨーロピアンテイスト漂うバイリンガル都市、モントリオール!

国名:カナダ 都市名:モントリオール

モントリオールはフランス語圏ケベック州最大の都市! アメリカ、ヨーロッパからの観光客で賑わい英語が幅広く通じる。街並みはどことなくヨーロッパのテイストが香りヨーロッパからの移住者が多いのが特徴。アメリカ文化の影響か、チップカルチャーがあるので接客業につけば高収入が狙える! ただし、接客業は英語、フランス語が堪能であることが求められるので仕事を得るのはハードルが高いのが難点。

オーストラリアは最低賃金が高い

国名:オーストラリア 都市名:シドニー

私はワーキングホリデーでオーストラリアに行きましたが、オーストラリアを選んだ理由の一つは時給が高いことでした。オーストラリアは法律で最低賃金が決められているようで、その最低賃金もかなり高いのです。特に国の中心都市といわれているシドニーは、かなり時給がよかったですよ。

ココから始める!私のワーホリ\(^o^)/

Return Top