ワーホリデビュー

韓国にワーホリ行くなら持って行きたいもの10選

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
Loading ... Loading ...

薬は絶対に持っていきましょう!

持って行きたいもの:薬

韓国の薬局は対面式です。(店員さんの後ろに薬が置いてあり自分で選べません。)さらに、成分表が英語併記の物はほとんどありません。ハングルが読めれば問題ないですが、心配な方は日本から多めに持っていきましょう。

韓国のスーパーはレジ袋が有料

持って行きたいもの:エコバックとマイ箸

日本でも、最近はレジ袋の有料化がすすめられていますが

韓国はほとんどのスーパーやコンビニでのレジ袋が有料だそうなので

エコバックは必需品なのかなと思います

あと韓国料理屋さんなどでも出される銀色のつるつるした箸が苦手なので

日本の木でできてるマイ箸を持っていこうと思います

漫画で友達を増やそう!

持って行きたいもの:日本の漫画

韓国にワーホリに行くなら、日本の漫画、コミック本を持っていきたいです。日本のコミックは韓国でも人気みたいなので、友達を作る時にあると話がしやすいかなと思ったので、候補に挙げました。ハチクロやワンピースが人気だそうです。

食べすぎ注意、胃腸薬

持って行きたいもの:胃腸薬、整腸剤

韓国にはグルメ、焼肉を楽しみに行く人が多いので、食べすぎ、消化不良に胃腸薬や整腸剤が役に立つはず。

辛いものも多いので胃腸を痛める人もいるのでは?

焼肉の匂いが体にも付いてしまうので匂い消しも必要でしょう。

使い慣れたお箸は忘れちゃいけないです!

持って行きたいもの:お箸

韓国のお箸は鉄製でできていて、慣れない日本人にとっては使いづらいもののうちのひとつです。寮で生活する場合、木製の日本で使い慣れているお箸を食事で使用した方がいいです。安いものを数本持って行くと、衛生的です。

オモニの味をおみやげに

持って行きたいもの:レシピノート

韓国に行ったらぜひ覚えたいのがキムチの作り方。

オモニによって味つけや入れるものが違うそうですね。

私はキムチが大好きなので、ぜひオモニの味を日本に持って帰りたい。

そのために、レシピノートを持っていってメモしたいです。

夜の屋台で活躍するウェットティッシュ

持って行きたいもの:ウェットティッシュ

韓国の旅行の醍醐味の一つは屋台での食事です。ソウル中心地でも夜になると数多くの屋台が出て、揚げ物や韓国風おでんなどを食べることができます。油やタレが手についてもウェットティッシュがあるとすぐに拭けて重宝します。

韓国の箸は日本と違う!

持って行きたいもの:箸

同じアジアの韓国での食事は当然箸を使うことが多いですが、実は箸は箸でも、日本の箸とは形が違います。仕事仲間と一緒に食べる時は相手に合わせた方が良いかもしれませんが、一人でお昼をとるなら、携帯用の箸を持っていって落ち着いて食事をとりたいものです。

袋は有料が大多数の韓国

持って行きたいもの:エコバッグ

ワーホリでしばらく現地で暮らすとなると、スーパー等で買い物した方が安くつきます。ただ、ここで注意したいのがレジ袋です。日本ではレジ袋を無料でいただけますが、韓国のスーパーやコンビニではレジ袋が有料の場合がほとんどです。エコバッグやサブバッグを用意しておきましょう。

性犯罪が多いと聞くので

持って行きたいもの:防犯グッズ

持っていたからと言って役に立つのかはわかりませんが。治安があまり良くないというか、性犯罪が多いという話を聞くので、防犯グッズは何かしら必要かと思います。観光地なら危険も少ないんでしょうが、仕事をするのなら安全な場所ばかりではないと思うので。

ココから始める!私のワーホリ\(^o^)/

Return Top