ワーホリデビュー

アイルランドにワーホリ行くなら持って行きたいもの10選

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
Loading ... Loading ...

地道に節約!エコバッグを持っていこう

持って行きたいもの:エコバッグ

アイルランドのスーパーマーケットではビニール袋が有料です。せっかくワーホリで稼いだお金をそんな所に使うのはもったいないですよ!日本からエコバッグを持参して、常にデイパックに忍ばせておきましょう。お土産を買う時も役立ちます。

外国のタバコは高い

持って行きたいもの:タバコ

外国は往々にして煙草にかかる税金が高い国が多いですが、

調べたところアイルランドは煙草ひと箱あたり約?8(約885円)もするそうなので

煙草は必需品かなと思います

それに伴って携帯灰皿なども持って行った方がベターなのかなと思いました

綺麗な景色を写真におさめよう!

持って行きたいもの:カメラ

アイルランドの自然は広大です。みずみずしくて、色とりどりの植物を見ることができると聞きました。ワーホリに行くならどこでもですが、日本とは違う文化や人、そして風景はその場所でしか見ることができません。旅日記として写真を撮るのもいいなと思います。

雨が多いので、雨具です

持って行きたいもの:レインポンチョ

滞在中、どんな国に旅行しても突然の雨には困るもので、現地に行ってから雨具を探すのは、結構な手間がかかるものなのです。

海外の衣類はサイズも大きくて、自分に合うサイズも探すのが大変です。なので旅行前から準備していくのがベストでしょう。

日本の折りたたみ傘はコンパクトで、持ち歩きにはとても便利だし、傘をさせない時にはレインポンチョが良いですね。

レインコートは持って行って損はなし!

持って行きたいもの:レインコート

季節を通して雨が突然降ったり、ダラダラと小雨や霧のように降ったりするので、出発前に日本製の撥水性の高いレインコートはおすすめです!広大な大地を歩いたりするイベントに参加することもありますので、その時に羽織ると便利です

寒い国だからひざ掛けは必須アイテム!

持って行きたいもの:ひざかけ

アイルランドは寒いというイメージしかありません。

でも、行ったからには色々なところに出かけてみたい。

そんな時にひざ掛けがあれば絶対に便利だと思います。

ひざに掛けるだけでなく、頭に巻いたりもできそうだし。

ウィンドブレーカーはオールシーズン必須です。

持って行きたいもの:ウィンドブレーカー

アイルランドの気候は雨が多く風も強いのです。その両方をしのげるウィンドブレーカーは必須アイテムといえます。また、昼夜の寒暖の差が大きいため防寒にも役立ちます。春や秋には、中にフリースや厚手のライナーが付いたウィンドブレーカーがおすすめです。夏でも雨の量が多いので、薄手のものを用意するとよいです。

夏の防寒にはスカーフが便利

持って行きたいもの:スカーフ

アイルランドは風が強いし雨もきついので、例え夏でもたまに肌寒い時があります。なのでサッと身につけられる防寒具があるととっても便利です。夏の防寒具なら、私はスカーフがおすすめ。使わない時は簡単に手元にしまえて、持ち運べるところが助かるんです。

ヒートテックは必需品!

持って行きたいもの:タイツや保温性の高い肌着

季節にもよりますが、冬のアイルランドは極寒です。保温性の高い肌着は必需品です。肌に密着するタイツやヒートテックなどはかなり重宝します。軽くさほどかさばるものでもないので、何枚かは日本から持参しておくとよいです。

無類のお酒好きです

持って行きたいもの:二日酔いにきく薬

アイルランドと言えばギネスですよね。元々ビール党だったのですが、世界のビール試飲イベントに行ってからギネスの大ファンになりました。本場のギネスを毎日浴びるほど飲みたいですが、やはり仕事に支障があっては困るので薬は必要かと思います。

ココから始める!私のワーホリ\(^o^)/

Return Top