ワーホリデビュー

デンマークにワーホリ行くならチャレンジしたい仕事10選

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
Loading ... Loading ...

世界一幸福な国で子供を教える仕事をする

チャレンジしてみたい仕事:日本語教師か幼稚園などの先生

デンマークというと世界で一番幸福な国という印象があります。生まれて死ぬまで保障が厚いということですが、友人たちからはコネがないと仕事が見つからないという残念なうわさもちらほら聞きます。

安定したコネ社会での仕事は何かを教える仕事が向いています。日本語を教えるのが手っ取り早いですが日本人は応対が優しいので子供相手の教える仕事も向いてると思います。

北欧家具の魅力

チャレンジしてみたい仕事:家具販売

北欧で、かわいくない家具ってあるんでしょうか?

と思えるくらい、北欧の家具って魅力的ですよね。デザイン性があるのに、

ほっこりとした、温かみもある。

北欧で仕事をするなら、ぜひ、家具に携わる仕事がしたいです。

幼稚園の先生になってみたい

チャレンジしてみたい仕事:幼稚園の先生

外国の子どもと楽しく触れ合ってみたいですね。言葉は通じなくても子供は観察力が強く何にでも対応力があります。

日本語できない先生も居るくらいですし言葉の壁は問題ないでしょう。とにかく楽しく、楽しませてあげたいです。

保育園で子供の面倒をみてみたい!

チャレンジしてみたい仕事:保育所

デンマークの子供はとても笑顔がかわいらしいです!ワーキングホリデーにいったら、保育園でバイトをして、沢山の子供達の笑顔と触れたいです。一緒に絵を描いたり、スポーツをしたりして一日中子供と過ごしてみたいです。

本場の北欧デザインを学びたい

チャレンジしてみたい仕事:北欧のデザインショップ店員

デンマークをはじめとする北欧は、ハイセンスなデザインショップが多く立ち並んでいます。北欧の本場で働くのであれば、シンプルでムダのないデザインを間近で感じたいので、デザインショップの店員として働いてみたいです。

夢のあるレゴに囲まれて子供の頃に帰りたい!

チャレンジしてみたい仕事:レゴランドのスタッフ

デンマークといえば子供のおもちゃとして定番の「レゴ」が有名です。

そのレゴをモチーフとした「レゴランド」は、非常にカラフルで童心に返れる遊園地です。

レゴランドのスタッフになり、子供の頃のような純真な心を取り戻したいですね。

本場デンマークの酪農を体験したい

チャレンジしてみたい仕事:酪農

デンマークはバイキングとして有名ですが、酪農も非常に盛んな国です。

日本ではなかなか体験することができない酪農を、本場デンマークで体験できる仕事がしてみたいです。

デンマークの人々や動物とも触れ合えるのも大きな魅力です。

牛や豚に囲まれて仕事がしたい!

チャレンジしてみたい仕事:牧場スタッフ

デンマークと言えば何といっても牧場のイメージです。牛や豚に囲まれながらのんびりと牧場のスタッフとして働いてみたいですね。動物と自然の風景が好きな私にとっては、まさに理想と言える仕事だと思います。夜は干草のベッドで寝てみたいですね。

デンマークの地元の料理店で働きたい

チャレンジしてみたい仕事:レストランのウェーター

日本では、北欧といっても、デンマークはとてもマイナーな国の一つかもしれません。これといってデンマーク料理を知っている人もかなり少ないのではないでしょうか。それでは自分が行って実際に郷土料理のお店などで働いて作り方を学んでみたら楽しいかもしれません。

美味しいパンがたくさんあるデンマークのパン屋で働く

チャレンジしてみたい仕事:パン店

あまり知られていませんがデニッシュで有名なデンマークには美味しいパンがたくさんあります。そのような土地のパン屋で店員として働けるなら美味しいパンを毎日眺めることができるだけでなく、学べることも多いはずです。

ココから始める!私のワーホリ\(^o^)/

Return Top