ワーホリデビュー

イギリスにワーホリ行くならチャレンジしたい仕事10選

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
Loading ... Loading ...

イギリスと言えばアフタヌーンティー、茶葉に関わる仕事がしたい

チャレンジしてみたい仕事:紅茶にかかわる仕事

大英帝国時代から延々と引き継がれるアフタヌーンティーの国、イギリス。イギリスで働くならぜったいに紅茶に関わる仕事がしたいと思います。

もちろんティーハウスのウェイトレスなどが現実的かもしれませんが、できれば紅茶の製造か販売の仕事に関わりたいです。

有名なクスミティーのあの素敵な缶などに囲まれて仕事ができたら幸せなことこの上ないでしょう。

子供から学ぶもの

チャレンジしてみたい仕事:ナニー

イギリスといえば、ナニーという存在が当たり前の国のイメージがあります。

やはり、ワーホリで行くのですから、何かを得ないと意味がありません。

英語に自信がなくても、ナニーでしたら子供が相手ですので、気負いなく、

英語を学べるとおもうので、ワーホリ入門編としてはナニーはいい仕事だと思います。

自動車整備をしてみたい

チャレンジしてみたい仕事:自動車工場

イギリスと言えば名車揃いの国、車の歴史も古いです。

メーカーも魅力のあるとこばかり、車好きにはたまらないTVRに潜入できたら最高ですね。

って潜入は無理でしょうから好きな車の整備工場で色々いじれたらいいかなと思いました。

イギリスで一流のマナーを学びたい!

チャレンジしてみたい仕事:一流ホテルの接客業

イギリスはジェントルマンの国、沢山の紳士淑女が生活しているイメージがあります。もしワーキングホリデーに行ったら、一流のホテルのスタッフとして働き、お客様やスタッフの動きから一流のマナーや立ち振る舞いを学んでみたいです。

おいしいパンを焼きたい!

チャレンジしてみたい仕事:パン屋の補助調理スタッフ

イギリスはパンが美味しいイメージがあるので、街角のパン屋で働きたいです。ホールではなく補助スタッフとして働くことで、パンの作り方や焼き方なども学べたらいいなと思います。美味しいパンをひとりで焼けるようになりたいです、

ロックの本場イギリスで音楽三昧したい!

チャレンジしてみたい仕事:ライブハウスの運営スタッフ

イギリスと言えば、ビートルズを始めとした往年のロックいミュージシャンを多数輩出した国として知られています。

ライブハウスも沢山あり、今でも多くの若いミュージシャン達が毎晩熱いギグを行っています。

イギリスのライブハウスで、チケットもぎから照明、ドリンクバー、何でもいいから働いて音楽三昧したいです。

日本食レストランで英語を学ぶ

チャレンジしてみたい仕事:日本食レストラン

イギリスでは日本食の人気が高まっています。

特に日本人が店員をしていると、本格的なものと感じるらしく非常に人気です。

そんな日本食レストランで仕事をすることで、本場の英語も学ぶことができるというメリットもあります。

世界標準時を管理したい!

チャレンジしてみたい仕事:グリニッジ天文台の調整員

イギリスは世界の時刻の中心地です。その世界標準時の基準になるのがグリニッジ天文台ですが、そこで時刻をチェックしたり調整する仕事をやってみたいです。自分が世界の中心にいるような気分を体験出来ると思います。

イギリスの病院や保育園で働いてみたい

チャレンジしてみたい仕事:病院や保育園などの看護師や保母など

イギリスといえば、以前はゆりかごから墓場までといわれていた国。日本よりは、福祉も進んでいるのではないかと推測できます。そこで、イギリスに行くなだらば、こうした病院や保育園などで働いてみたいです。きっといろいろ日本ではわからないことも気づくのではないでしょうか。

イギリス人のおしゃれの一つ、アンブレラ

チャレンジしてみたい仕事:傘の販売

イギリスでは雨が降っていなくても傘を持ち歩くことがあります。傘はおしゃれアイテムの一つと考えられているからです。そのような伝統的アイテムに関わる仕事に就けるなら非常に嬉しいです。イギリスで仕事をしながら真の紳士とは何かについてじっくり考えたいです。

ココから始める!私のワーホリ\(^o^)/

Return Top