ワーホリデビュー

ワーキングホリデーに行ってみたい国10選

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
Loading ... Loading ...

シドニーでワーホリ体験がしたい!

行ってみたい国:オーストラリア

34才 女性

私が「オーストラリアのシドニーへワーキングホリデーを利用して行きたい!」と思った理由は、単純ですが友人の影響です。友人はオージーと結婚して、現在シドニーに住んでおり、そして最近アルバイトを始めたそうなのですが、その話が非常に面白かったからです。
友人も私同様に、大学卒業程度の英語(実質中学レベル)しか話せないということですが、それでも明るいオージーたちに囲まれて、大抵のコミュニケーションはフィーリングでなんとかなるそうで、なによりグングン英語が上達していったとのことなのです。やはり「実践で学ぶ英語は最強」とのこと。それならば私も「語学留学」ではなく、ワーキングホリデー利用で飛び込んでみたくなったのです。

ワーキングホリデーならやっぱりドイツ!

行ってみたい国:ドイツ

25才 女性

私がワーキングホリデーに行くなら絶対ドイツが良いです!

ドイツなら英語もわりと通じるし、過ごしやすそうだなぁと思います。

ドイツなら食も進んでいるし、困ることはなさそう。国民性もまじめな所が良いです。

ワーホリの合間にドイツビールやホットワインも飲んでみたいです。

憧れのノルウェーへ行ってみたいです

行ってみたい国:ノルウェー

26才 女性

ノルウェーは自然も多く長閑なイメージがありますし、そこに住む人々も大らかな方が多い気がします。

職場にノルウェーへワーホリとして行った方がいますが、良い所だったという話しを聞きました。

そんな憧れのノルウェーで働けたら、何て素敵なんだろうと思うんです。

南フランスファームでのワーホリ

行ってみたい国:フランス

22才 女性

もしワーホリの機会がいただけたらぜひフランスで、できれば南フランスで農業のワーホリをしてみたいです。

個人的に一日中ずっと人と話すのがあまり好きではないのである程度自分の世界にはいってもくもくと作業したいですね。

イギリスはワーホリ候補地として人気がありますが実際住んでみて思ったのは、気候と食べ物ってほんとうにその日のモチベーションを左右します。

その点南フランスは文句なしなのでここかなと。

ワーキングホリデーで韓国に行きたい理由

行ってみたい国:韓国

24才 男性

自分はk-popアーティストが好きですし、韓国語の歌も何曲か歌えます。ハングル語も意外と簡単に勉強できましたし、現地に行って韓国語を学びたいですし、韓国の文化も学びたいという気持ちはあります。勉強する上でワーキングホリデーという選択肢があればそれを有効活用したいと思っています。

大都市ダブリンで過ごしたい

行ってみたい国:アイルランド

27才 女性

アイルランドは就学や就労における制限が厳しくないところも、ワーキングホリデーに行きたい理由のひとつと言えます。

また英語圏の国であることから、日常会話だけでなくより実践的なビジネス英語を学ぶことができるというのも魅力的です。

ファッションの都ロンドンでお洒落にワーキングホリデー

行ってみたい国:イギリス

29才 女性

海外に行くなら絶対にファッション都市。

イギリスは、ヨーロッパの中でも英語を使えるのも嬉しいポイント。

JimmyChooやStellaMcCartny、VictoriaBeckham等、大好きなファッションブランドでのお買い物や、伝統の英国雑貨のお店で日本では見られないエリザベス女王のキュートなグッズをたくさん探すのも楽しみの一つ。

日本では体験できないこと

行ってみたい国:ニュージーランド

29才 女性

ニュージーランドには、かなりユニークなアルバイトがあると聞いてます。例えば観光案内などはどこにでもあるかもしれませんが、羊の毛刈りのアルバイトがあるそうです。ワーキングホリデーは、お金を稼ぐことが目的ではないので、大自然を堪能しながら、日本ではできないようなことを体験してみたいです。そこに少しでもお金がついてくれば、儲けものですし(笑)。

憧れの国カナダでワーホリを体験したい

行ってみたい国:カナダ

34才 女性

カナダは昔から憧れの国でした。カナディアンロッキーの雄大な懐に点在する

まるで宝石をちりばめたような美しい湖をテレビで観る度に、その魅力にとりつかれ

いつかあの場所で働いてみたいと強く願うようになりました。

南国台湾でまったりワーキングホリデー

行ってみたい国:台湾

40才 女性

英語を学ぶ人はたくさんいるので、学ぶ人が少なそうな中国語を勉強してみたいです。

台湾は他の国と比べ、とにかく近いし親日国なのが魅力です。

時差も1時間で、日本の家族や友達と連絡をとるのも影響がなさそうなところも良いです。

ウエトレスなどは時給が安そうなので、日本語を教える仕事をしながら、マンゴーやスターフルーツなど南国特有のフルーツ、現地のローカルフードを食べつくしたいです。

あと太極拳も習ってみたいです。

ココから始める!私のワーホリ\(^o^)/

Return Top