ワーホリデビュー

こんなバカでもワーキングホリデー行けたその理由10個!

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
Loading ... Loading ...

高校生レベルの英語でワーホリへ!

渡航国:オーストラリア

19才 男性

英語は今まで全て、独学で勉強する程度で、高校で習った程度の英語レベルでした。それでも、若かったので、勢いでワーキングホリデーに行きました。オーストラリアの現地の人達はフレンドリーで親切な人が多く、道に迷ったときやバスの路線がわからないときなど、尋ねてもちゃんと教えてくれるので、完璧な英語を話せなくても大丈夫です。現地でも十分、暮らせます。

現地での会話は、文法よりも単語と気合と笑顔。

渡航国:カナダ

20才 男性

ワーホリに行くときって、みんなそれなりに英会話ができるんでしょうか。自分はほとんど会話力ゼロで行ってしまいました。それで困ったかって?そうでもないんですよ。海外で大事なのは、文法よりも単語。そして、気合とコミュニケーション能力です。自分は現地で、英語と韓国語をマスターして帰ってきましたよ。

勉強は全然できなかったけど

渡航国:韓国

23才 女性

日本語以外全く出来なかった私でした。

ただ、韓国ドラマが大好きで見ているうちに少しずつ話せるようになり、一度自分を試してみようと思い、韓国へ。

頭は悪いですが、カタコトの韓国語でなんとか向こうで働くことが出来ました。

高卒レベルの英語力でもワーホリに行けた!

渡航国:オーストラリア

19才 女性

ハローやマイネームイズ程度の本当に中学・高校で習う程度の語学力しかありませんでしたが、行けばなんとかなるべ!と思い

特に勉強せず(勉強は現地の人と触れ合えばなんとか話せるかなと思って)行きました!

大変でしたがオーストラリアは私のような日本人と出会う機会も多く、やはり自然と片言ながらも話せるようになり考えるよりまず行動でした!

日本人の外見的特徴を活かす

渡航国:イギリス

22才 女性

困ったら日本人という特徴を活かせます。ロンドンの人からすると、アジア人はみんな幼く見えるらしく、子供扱いで色々親切にしてくれました。道行く人々も英語が分からなくても親切に教えてくれます。

韓流ブームに乗っかりワーキングホリデーに

渡航国:韓国

23才 男性

ばかでもきっといけるに違いないと思ったのが韓国のワーキングホリデーです。日本人と韓国人は顔が似てるのでだまっておけば働いていても分からないのではないかと安易な考えで参加しました。やはり大変でしたが、徐々に言葉を覚えていくことができたのである意味成功したかなと思いました。

大学に入学した時に英語力がなくても行けた理由

渡航国:オーストラリア

21才 女性

シドニーの都市にある会社にワーキングホリデーとして働き始めた時に、英語力がなくて会社のコミュニケーションが不安であったが、大学の先輩が日本人を現地に手配してくれたので、安心してワーキングホリデーに行けました。

英語力がなくても、意外となんとかなる!

渡航国:オーストラリア

23才 女性

ワーキングホリデーを知ってから、行きたいという気持ちでいっぱいでしたが、そう簡単にいけるはずはなくある程度の語学力が求められました。

できるだけ敷居の低い国を選んだものの、英語自体ができなくては渡航先で生きていけません。

机上の勉強が苦手な私は、会話で学べる英語教室を選び猛勉強しました。

英語力がなくても会話力を磨けば意外となんとかなるもんです!

理解できなくても行くべし!

渡航国:オーストラリア

22才 男性

留学したての頃は話しかけられても言葉が出てきませんでした。しかし、習うより慣れろです。周りの環境が完全に英語環境だったので、理解しなければ生きていけないとなると、脳が自然と頑張ってくれます(笑)。無理矢理にでも頭が英語脳になりました。

友人との出会いが私をやる気にさせてくれた

渡航国:オーストラリア

19才 女性

大らかな性格で今まできちんとした勉強もやってきていませんでしたが、オーストラリアの人々のあたたかさに救われた気がします。

きちんとみんなと交流したいと思う気持ちにさせてくれて、一から言葉も学習し直しました。

ワーホリに行きたいと思うきっかけは、アデレードから日本に来た友人に話を聞いて、英語や色々な魅力を教えてもらったことです。

きっかけが強くあると、そのあとのエネルギーにもなりますので、自分のやる気にもつながり良いワーホリが出来たと感じています。

ココから始める!私のワーホリ\(^o^)/

Return Top