ワーホリデビュー

学校行かないでワーキングホリデーを選んだ理由10個!

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
Loading ... Loading ...

大学へ行かないでワーキングホリデーで学ぶ!

渡航国:オーストラリア

27才 女性

ちゃんと英語を勉強するにあたり、英会話教室や、専門学校、大学に行ってもよかったと思いましたが、海外へ出て、現地の人に交わって、一緒に働いたりして、生の英語を聞きたい、身につけたいと思って、オーストラリアへ行きました。オーストラリア人の友達や同僚もできたので、行ってよかったと思います。

大学は後でもはいれる。まずは海外での経験をしたかった。

渡航国:カナダ

26才 女性

いまさら大学に行って、どうなるの。っていうのが、正直な感想でしたね。高校卒業してすぐに海外に行こうと思ったら、ワーホリが一番早そうだったし。それに日本の大学なら、帰ってきてからでもはいれるでしょう。まずは海外での経験を早くしてみたかったんですよね。

大学って行く価値あると思わなかったから

渡航国:オーストラリア

23才 女性

周りはみんな大学に進学しましたが、私にはその必要性を感じられませんでした。

それなら、オーストラリアで働きながら英語を勉強した方がよっぽど自分のためになると思い、ワーホリしたんです。

やっぱり行ってよかったですね。

高校卒業してワーホリ体験

渡航国:オーストラリア

19才 女性

高校在学中、周りは受験勉強や就職活動で忙しい中私は卒業後ワーキングホリデーをしたくバイトでお金を貯めていました。

大学に行っても特にやりたいことや勉強したい事もなく、それよりならばワーホリで若い今しか出来ない体験をしたいと思い

卒業後にオーストラリアへ行きました。言葉の壁や現地で仕事を見つけるのに苦労しましたが充実した時を経験出来ました。

憧れのフランスのワーホリ

渡航国:フランス

20才 女性

経験上、海外でのステップは非常にコミュニケーションにおいても重要だと思います。頭の柔らかいうちに海外で経験をしたいと考え、フランスでも穴場のマルセイユを選びました。素敵な食事とフランス文化の一端に触れられ、人生感が変わりました。

芸術の高校や大学に行くならワーキングホリデーでパリへ

渡航国:フランス

18才 女性

どうせ美術を真剣に学ぶなら、専門学校や高校、大学に進むのではなく、向こうで働き本場の美術の技術を学びたいと思ったのです。ワーキングホリデーの合間に書く絵画は、おそらく日本で働きながら書く絵画とは違う最高の瞬間だったと思います。

大学に進学しないでワーキングホリデーに行った理由

渡航国:イギリス

19才 女性

高校時代にイギリスの出身の友達がいて、私は英語が得意であったので、わざわざ進学しなくても海外で英語力を培いたいという理由があったからです。また、将来的に経済やが安定している海外で一生を過ごしたいと考えていました。

視野を広げるのは大学だけじゃない!

渡航国:オーストラリア

19才 女性

高校を卒業して、当たり前のように大学や専門学校へ進学する。

それに違和感を感じ始めたのは、教育というものに嫌気がさしていたからかもしれません。

大学に行く意味は、就職するためにいろんな視野を広げるためだと聞きましたが、それならワーキングホリデーを利用したほうがよっぽど視野が広がると思います。

だから、進学せずワーホリを利用しました。

働けるのは大メリット!

渡航国:オーストラリア

23才 男性

やはり自費留学ですから、お金のことが心配でした。ワーキングホリデーだったら、生活費のために仕事ができるし、仕事をして実践的に英語を使っていく方が勉強にもいいと思ったので、ワーキングホリデーを選びました。

自分らしさを求めてオークランドへ行った

渡航国:ニュージーランド

23才 女性

解放感を求めて大学よりも働くことに私は興味がありました。

ニュージーランドなら得意の英語をいかせて自分らしく過ごせると思いましたので、その判断を信じて行動してみました。

結果として素敵な人生を送れているなと思えるほど充実した経験でした。

ココから始める!私のワーホリ\(^o^)/

Return Top