ワーホリデビュー

会社を退職してまでワーキングホリデーを選んだ理由10個!

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (2 votes, average: 2.00 out of 5)
Loading ... Loading ...

海外での生活に前から憧れていて、やってみたかったから。

渡航国:オーストラリア

29才 女性

ワーキングホリデーに行く直前の日本での仕事は派遣で、お給料も安定していて、条件も悪くはなかったのですが、子供の頃から、海外での生活にずっと憧れていて、いつか自分も海外で暮らしてみたいという夢があったので、ワーキングホリデーは自分にぴったりな制度だと思って、若い20代のうちに行くことに決めました。ワーキングホリデーは30歳までという年齢制限があったので、24才の時に、行くなら今だと思って会社を辞めました。ワーキングホリデーは、海外で英語を使って自力で生活をするので、自分の力を試してみたかったという気持ちもありました。

働いて資金ができたら、やっぱり行かなくちゃ。

渡航国:カナダ

26才 女性

仕事を始めたら、海外留学なんてできないと思っていました。でもよく考えたら、海外に住むってお金がかかるんですよね。滞在中はほとんど収入がないわけです。いい経験になるけど何もかも親がかりっていうのもどうかって思うし。退職してまでって言われるけど、働いて資金をためないとね。たまったら、やっぱりいかなきゃって思いました。

日本の会社に嫌気がさしたので

渡航国:ニュージーランド

25才 女性

日本の会社は個人の意見があまり言えません。

イエスマンばかりが重宝されます。

個性をなくさなきゃ仕事が出来ないなんておかしいと思ったんです。

その点、ニュージーランドだったら思い通りに仕事が出来そうだと思って選びました。

語学留学とスキル向上を目標に!

渡航国:台湾

22才 女性

大学で勉強した程度の語学力しかなく、自分のスキルを向上させたかったのと勤めたい!と思える会社に出会った為転職活動の1つとして

ワーキングホリデーを経験しました。せっかく勤めていた職場を辞めるのは勇気がいりましたが、新しい事にチャレンジできるのも今だけかなと思い

一歩を踏み出して良かったと思います。

リスクはあるが自分を信じたソウルでのワーホリ

渡航国:韓国

26才 女性

20代中盤、勇気の一歩を踏み出してお隣韓国のソウルへ。外国で暮らすことで今まで気付かなかったことなど学べると思い、ワーホリに挑戦してみました。ソウルでの生活はそのリスクに見合った経験を与えてくれました。特に、韓国の都市部での経験は、人との付き合い方なども学べました。

ワーキングホリデーで自分らしさを見つけるために

渡航国:ニュージーランド

26才 男性

日本の仕事のストレスと生活に本当に疲れてしまったとき、癒しを求めて海外に行きたかったのですが、単に海外に観光に行くのではなく、はたらきたいと思ったので、私はワーキングホリデーにいく場所にクライストチャーチを選んだのです。

F1のレースを見に行きたかったから

渡航国:オーストラリア

28才 女性

私は郵便局で働いていた頃に先輩がオーストラリアのメルボルンで開催されているF1のレースに興味を持って、非正規社員であるのでオーストラリアに行ってワーキングホリデーとして働きました。メルボルンで開催されているF1のレースを見れて、迫力があって楽しかったです。

窮屈感から解放されたくて日本脱出!

渡航国:オーストラリア

24才 女性

毎日同じ時刻の電車に乗って、同じような仕事をする毎日。

はっきり言って退屈でした。

何かそんな自分のままこれから過ごしていくのは嫌だなと感じるようになり、思い切って退職。

ワーキングホリデーを利用して、海外へと飛び出しました。

退屈な自分を変えたい!という強い気持ちがそうさせたんだと思います。

やりたいことに挑戦したい。

渡航国:カナダ

27才 男性

私の場合、アルバイトを辞めての出発だったのですが、どうしても海外に長期で留学したくて、勇気を出していかなければ一生後悔すると思ったので行きました。ワーキングホリデーに行って、今までよりも前に進めた気がします。

昔からの夢を実現したかった

渡航国:フランス

28才 男性

憧れていた国にワーホリに行きたいという思いはずっとあったので、やっと実現することが出来ました。

ファッション関係で日本で得た知識が生かせて、退職してまで実現した甲斐はありましたし、やはり有益なものにしなくてはいけないという気持ちでいました。

ココから始める!私のワーホリ\(^o^)/

Return Top