ワーホリデビュー

ワーキングホリデー、帰国せずそのまま○○に就職しちゃいました10個!

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (1 votes, average: 3.00 out of 5)
Loading ... Loading ...

日本の文化をもっと知ってもらうために

渡航国:ドイツ

27才 男性

私は、ワーキングホリデーでドイツに行った際に自分が大好きな日本の文化を広めるために日本語の講師として働いていました。ワーキングホリデーの最終日が近づくにつれて、この仕事が自分にとって転職なのではないかと感じました。そして、日本に帰らずにドイツに残り、日本語教師として働くことを決めました。

オーストラリアの自然に囲まれ日本語学校の講師に

渡航国:オーストラリア

25才 男性

シドニーでのワーキングホリデーを1年ほど行って、日本に帰り就職をしようと考えていたものの、英語もまずまず得意だったので、日本語学校の採用試験を受けたら、まさかの合格。

そのまま日本語学校の講師として、ワーキングホリデーを続けています。

バイトをしていたことがきっかけで

渡航国:イギリス

28才 女性

私はワーキングホリデーでイギリスに行きました。イギリスに行く際に英語を徹底的に覚えました。そして、少しでも自分で生きた語学力を身につけようと思いカフェでバイトをしました。そしてその職場での働きが認められ、「ワーキングホリデーが終わった後も働かないか」と誘われ、ワーキングホリデー後もイギリスで働いています。

翻訳の仕事をはじめました

渡航国:オーストラリア

27才 女性

ワーキングホリデーでオーストラリアに1年間の滞在中、日本人のいない田舎で生活し、現地の人と結婚しました。

努力のかいあって、英語が上達したので、翻訳の会社に就職し、オーストラリアで翻訳の仕事をしています。

現地で日本人ガイドになりました

渡航国:オーストラリア

26才 女性

私は、ワーキングホリデーでオーストラリアに行き、そのまま現地のツアーガイド会社に就職しました!もともとバイトをしていた会社で、「1人日本人ガイドを正式に雇用したい」と言われ就職面接を行いました。仕事内容は、日本人観光客の相手がほとんどです。しかし、今後は英語の勉強をもっとし、英語でのガイドもしたいと考えています。オーストラリアは賃金もよく、人も優しく、食べ物もおいしい最高の場所です!

ワーキングホリデーに行ってそのまま飲食店に就職

渡航国:香港

24才 男性

いろいろな人生経験を積む目的でワーキングホリデーに行ったのですが、最初の一ヶ月ほどは向こうの生活にもなれていなかったせいか苦労しましたが、滞在費を稼ぐための仕事場で親切な店長と出会っていろいろ助けてもらいました。

その後その店長に本格的にうちで働かないかと誘われて、私は当時働いていた飲食店に正社員として雇用されてそのまま働くことにしたのです。

現地レストランで就職

渡航国:カナダ

26才 女性

現地のレストランのシェフとして就職しました!もともとは、そこのウェイターとしてバイトをしていたのですが、オーナーに正規雇用を探していると言ったら「ここに日本創作料理のアドバイザー・シェフになって」と言われました。今は、カナダ人の口に合う日本料理の研究に取り組んでいます。

素敵な暮らし

渡航国:イギリス

25才 女性

英語に興味があった私は高校から国際学科を専攻し、卒業後の進路は高校時代に留学したイギリスでデザインを学びながら働く事に!

留学生が多い学校でしたのでいろんな国の方と出会い、デザイナーとして働くことにもなりました!

カナダの会社の人が優しいのでカナダの国内に就職しました

渡航国:カナダ

35才 男性

私は大学時代に就職が決まらなかった時に、教授から海外のワーキングホリデーの体験を勧められました。カナダ国内にある郵便局で勤めたが、職員さんは丁寧に私に接してくれて、給料も高くてプライベートも楽しかったので、そのままカナダの郵便局に就職しました。

ワーキングホリデー滞在先ドイツでそのままSEとして就職しました。

渡航国:ドイツ

28才 女性

ワーキングホリデーでアルバイトしながらドイツ語も習得し、彼氏もでき、楽しく過ごしていました。彼と離れたくない、永住したいと思うようになり、SEとして就職し、ドイツに残ることにしました。環境も良いので、気に入ってますね。

ココから始める!私のワーホリ\(^o^)/

Return Top