ワーホリデビュー

ワーキングホリデー準備で一番大変だったこと10個!

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
Loading ... Loading ...

ビザの手続きはエージェントに頼めばよかった

渡航国:オーストラリア

21才 女性

ワーキングホリデーの際の、語学プログラムや住むところの手配はすべてエージェントを通してしました。ビザの手続きもしましょうかと言われましたが、インターネットで、エージェントを通したら高くつき無駄だと書いてあるのを見たので、自分でしました。手続きは面倒でしたし、うまくできているのかとても心配でした。やはり高くてもエージェントに頼めばよかったです。

準備に手間取った両親の説得

渡航国:オーストラリア

33才 女性

ワーホリ準備で一番手間取ったのが、実は両親の説得です。

会社を辞めたことをものすごく心配していて、海外という知らない場所へ長期間行くというのも心配だったようです。

安全な場所だと何度も説明しましたが、理解されず、時にはパスポートを隠され強行手段を取られそうになったので、かなり苦戦しました。

無駄に増えてしまった荷造り

渡航国:オーストラリア

26才 女性

特にあまり準備という準備をしていなかった私なので、強いて挙げるとすれば荷造りが1番大変でした。これまで1年間もずっと続けて家を空けたことがなかったので、どれぐらいの荷物が必要で何が必要といった知識がまったくありませんでした。なので、荷造りは結構悩みました。

自分で手配した英語学校とホームステイの事前準備

渡航国:オーストラリア

25才 女性

何と言っても、英語学校とホームステイの手配でした。

全く英語ができず海外旅行の経験も皆無な私は、現地での不安を減らすためにも、最初は英語学校の通学とホームステイをしようと決めていました。

そして、それらの手配を、英語の勉強も兼ねすべて自分で行おうと決め実行しました。

英語学校のパンフレットを読むだけで辞書を引きながら3日間もかかり、それから連絡を取り始め、もうクタクタでした。

ですがこの積み重ねで英語力も上がり、現地の英語学校では「自分でよく頑張ったね。」と褒めてもらえました。

ワーホリに行くなら、最低でも100万は資金が要ります。

渡航国:カナダ

37才 女性

資金作りですね。現地での生活も大変ですが、それよりも滞在費を準備するのがきつかったです。1年も働かずに暮らそうと思ったら、最低でも100万くらいはいりますからね。それ以外にも渡航費や語学学校の学費がいります。自分は160万準備して、使いきって帰国しましたよ。

準備で一番苦労したのは英語の勉強

渡航国:オーストラリア

29才 男性

私がワーキングホリデーで一番大変だった準備は英語の勉強です。中学高校と英語には全く興味がなくテストでの点数もクラス最下位を争うレベルでした。そして就職先は全く英語とは関係のない会社。ワーキングホリデーへ行くことを決意してから一年弱で渡航しましたが、その間通勤時間や休みの日を利用して英語の勉強に励みましたが何で今まで英語と関わってこなかったのだろうと後悔するほど自分の英語力のなさを痛感しました。

やっぱり大事なお金の話。

渡航国:オーストラリア

27才 女性

ワーキングホリデー中は、制限はありますが働くことができ、最低時給が日本より高いオーストラリアではしっかり稼ぐこともできます。

しかし、仕事を見つけるには、まず語学学校で勉強したりと準備が大切。初期費用が意外と掛かって大変なので、しっかり準備しておくことが大切です。

ワーホリで不測の事態を想定するのが大変

渡航国:フランス

21才 女性

健康なら問題ありませんがもし病気になったらと考えると、どういう風になるのか近くに病院はあるのかなど不測の事態を想定して考えて計画を練ることが大変でした。

異国の地では楽しいときはいいですが、怪我や病気のときに大きなストレスを抱えると思います。

ですから事前にできる限りのことは考えてメモして準備することが大変でした。

ワーキングホリデーの準備で一番大変だった事について

渡航国:オーストラリア

38才 男性

私がワーキングホリデーを利用して一年間オーストラリアに滞在する前に、日本に在る留学エージェントにオーストラリアの語学学校やオーストラリアに滞在する際の賃貸物件探しを依頼していたのですが、オーストラリアに行く2ヶ月前に私が依頼していたエージェント会社が突然閉鎖してしまい、オーストラリアの語学学校や滞在先の賃貸物件探しを一から別の留学エージェントに頼むはめになった事が一番大変でした。

一番は初期費用を稼ぐのが大変でした

渡航国:オーストラリア

26才 男性

オーストラリアは家賃も高いと先輩からの話で聞いていたので、

とにかくお金を稼ぐことを最重要として働きました。

飛行機代に現地にいって部屋を借りるお金や食費を2ヶ月間は最低準備をしていました。

2ヶ月間というのは仕事を見つけるまで最悪仕事がなくても生きれるようにしなければいけないので、

この位のお金は最低必要だと思います。

とにかく日本で働いてお金を稼ぎました。

今となってはいい思い出です。

ココから始める!私のワーホリ\(^o^)/

Return Top