ワーホリデビュー

ワーキングホリデー、これだけは勉強しておけ10選!

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
Loading ... Loading ...

オーストラリア訛りをしっかりと勉強しておくこと

渡航国:オーストラリア

20才 男性

英語だからといって安心するのではなくワーキングホリデーで生活している以上、ここの文化に溶け込みなければ意味がありません。そのためにはしっかりとオーストラリアの独特の方言を覚えるのが良いでしょう。ですので簡単な日常会話ぐらいはオーストラリアの言葉で言えるようにしたいものです。

後悔しないように勉強をする

渡航国:オーストラリア

26才 女性

英語の勉強は現地でいくらでもなります。そのため、現地の行きたい場所や渡航先の国で行きたい場所を見つけておく、そういった勉強をしておくと良いと思います。帰国後、そんなところがあったんだ、あのとき行っておけば良かったなと思わないように。

日常会話に困らない程度の語学力

渡航国:イギリス

30才 女性

言葉が使えるか使えないかで、生活の質が大幅に変わります。スタート地点が高い位置にあればよりよいと思います。できれば語学留学してある程度身につけてからワーホリビザで渡航した方がいいと思います。ワーホリビザは最強のビザです。語学を身につけてから利用するのが一番有意義だと思います。お金があればの話ですが…。

最低限の日常会話は身につけておくべし

渡航国:オーストラリア

25才 女性

いくら向こうに行って勉強すると言っても、生活していく上での最低限の会話が出来ないといけませんよね。

向こうに行く前に、最低限生活が送れるレベルの会話は身につけておく必要があります。

中学生レベルの英語はマスターしておきましょう。

その国がどんな国なのかを知る。

渡航国:オーストラリア

24才 女性

ワーキングホリデーをするにあたって、勉強しておくことは、行く国のことをしっかり勉強しておくことです何も知らずに行くのは絶対にNG、学校の遠足じゃありませんから。どんな国なのか、日本との関係は、何が国技なのか、何でもいいですとりあえずその国の事を調べる事です。向こうに行ったときに話のタネになるし、どこかで必ず役に立つはずです。

現地での仕事の見つけ方

渡航国:オーストラリア

30才 男性

せっかく海外に来ているので現地で働きたいという方は募集など探すのはもちろん、飛び込みでレジュメを配る事は必須です。ローカル企業やお店に頑張って自分を売り込む事。そうすれば、以外に仕事が決まったりします。ようはタイミングや印象の与え方で違ってきますがそれもこれも、

自分の足で探すという事は頭に入れておくと良いと思います。

とりあえず単語はやって損無し!

渡航国:オーストラリア

25才 女性

ワーホリに行く前に色々やることはあると思いますが、単語だけは勉強しておいて間違いありません。渡航した直後は難しくても、単語力があれば単語だけ聞き取って意味を推測することができます。単語帳を作って、地道に単語を覚えてください。

近いけれど文化の違いは大きいのです

渡航国:韓国

29才 女性

近くて遠い国韓国とは言いますが、文化や考え方の違いはかなり大きいです。韓国では年功序列や年上の前での作法など、日本とはまた違った厳しさのある国です。たとえ日本人とはいえ、知らないでやってしまい嫌われたくないですよね。基本的な文化や作法を学ぶことも、相手国に対する礼儀の一つだと思います。

病気になった時のお助け英語

渡航国:イギリス

28才 女性

海外では、病気になった時には自分で病状を説明しなければなりません。

最低限の身体の部位と、病名(頭痛、腹痛、下痢、発熱、吐き気)などの症状は現地の言葉で覚えて行くと良いでしょう。

また、犯罪や事故に遭う可能性もありますので、日本大使館の場所や連絡先も調べておきましょう。

ワーキングホリデーに行く前にこれだけは学んでおいた方が良い

渡航国:オーストラリア

38才 男性

私は大学2年生の時にオーストラリアにワーキングホリデーを利用して1年間滞在しましたが、ワーキングホリデーの期間前に私が日本で勉強したのはとにかく「英語」の特に「英会話のヒアリング」を最低限日常生活レベルで出来る様になるまで勉強する事でした。

ココから始める!私のワーホリ\(^o^)/

Return Top