ワーホリデビュー

ワーキングホリデーの国選びで失敗しない方法10選。

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
Loading ... Loading ...

ワーキングホリデーに行くなら無難なところに。

渡航国:ニュージーランド

22才 男性

なんといってもワーキングホリデーで1番最適なのはニュージーランドでは無いでしょうか。言語も英語ですし治安も安定しているので、生活もしやすいはずです。いちばん失敗しない方法は働きやすいかどうか、無難かどうかだと私は思います。そう言う意味ではニュージーランドは牧草地でのお世話をすることが多いので比較的働きやすいと言えるでしょう。

気候も結構大事にポイント

渡航国:オーストラリア

26才 女性

ワーキングホリデーの国選びをするときに、気候や天気も結構大事なポイントだと思います。実際に現地で生活をすることになるため、毎日の気候や天気って気分を左右してくるかと思います。そのため、国選びの際、現地の天候や天気を調べておくと良いと思います。

できるだけ自分がしゃべれる言葉の国へ!

渡航国:イギリス

30才 女性

なにはともあれ、行った先は生活が待っているので、言葉がチンプンカンプンだと相当しんどいと思います。仕事もみつかりません。なので憧れだけでなく、自分が日常生活がなんとかおくれるくらい話せる言葉の国にした方がいいと思います。逆を言えば、言葉がそこそこしゃべれるなら、自由に好きな国を選んだらいいと思います!

マリンスポーツを楽しみたいなら

渡航国:オーストラリア

25才 女性

ワーホリするなら、休日に自分の好きな事が出来る国がいいですよね。

私はマリンスポーツが大好き。

ですので、海が綺麗な国を選びました。

休みの日はほとんど海に潜っていました。

その点でオーストラリアはおすすめ!

反日運動の最中でのワーホリ。

渡航国:韓国

26才 女性

私は近年の「竹島の領土問題」の一番過熱している時にワーキングホリデーに行きましたが、正直もう2度と韓国には行きたいと思いません。日本人というだけでいわれのないない罵声を浴びせかけられたり、アルバイト先でのいじめなど嫌な思い出しかありません。ワーホリに行く際は日本との関係を確かめてからいきましょう。

自分の目的を見極める

渡航国:オーストラリア

30才 男性

まず、国選びで失敗しない方法は、自分がどのような場所で生活したいか、どのような目的で行きたいかをはっきりさせておくと良いでしょう。働きたいのであれば時給の高い国または、稼げる国にしぼる。旅行をしたいのであれば何が見たいか、自然か遺産などいろいろです。

自分が何をしたいのか考えて選ぶことが大事です。

渡航国:オーストラリア

25才 女性

ワーキングホリデーで留学できる国は多くあります。国選びでは、自分が何をしたいのか、学びたいのかよく考えましょう。例えば英語を学ぶにしても、アメリカ英語なのかイギリス英語なのか、また費用はどのくらい必要なのかよく国ごとの物価を考える必要があります。

とにかくネットで情報収集!

渡航国:韓国

29才 女性

斡旋業者などを特に使用する必要はありません!韓国に住んでいる日本人の方が多いので、自分でネットで情報収集していくのが一番確実な道です。日本でアルバイト先を探せる掲示板もありますし、コミュニティサイトも多く存在しています。

交通網・通信網が整っていること

渡航国:イギリス

28才 女性

ワーホリでは、自力で移動しなければならないことが沢山あります。

自分で電車に乗る、タクシーに乗る、或いはレンタカーを借りるなどが必要な場合、交通網が整っていることが大切です。

また、いざという時の為に、携帯電話が繋がる場所も確保しておきましょう。

ワーキングホリデーの国選びで私が失敗しない為に気をつけた事

渡航国:オーストラリア

38才 男性

私が大学2年生の時にワーキングホリデーの国選びで失敗しない為に気をつけた事としては、第一に「日本人に対してフレンドリーな人が多い国かどうか」を国選びの第一条件としていた点です。

オーストラリアには日本人を嫌う人も当時確かに居ましたが、実際にワーキングホリデーでオーストラリアに行った経験のある大学の先輩の話ではオーストラリアでは日本人に対してフレンドリーな人が多かった、という話でしたので私はオーストラリアをワーキングホリデーで行く国として選んだのです。

ココから始める!私のワーホリ\(^o^)/

Return Top