ワーホリデビュー

ワーキングホリデーで私はこんな成長した!と胸を張って言えること10個!

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (1 votes, average: 2.00 out of 5)
Loading ... Loading ...

日本のよさを教えることができえて幸せ

渡航国:イギリス

28才 女性

私がワーキングホリデーで成長できたと思えるのは、人に何かを教えるということの大切さを知ることができたことです。ワーキングホリデーの際に仲良くなったイギリスの友達に英語を教えてもらう変わりに日本語を教えることもありました。その際に、外国の人に日本語や伝統的な文化を教えるのがとても楽しく、感謝されて誇らしく思いました。

窮地に立たされたからこそ

渡航国:オーストラリア

26才 女性

貴重品をすべて盗難にあい、窮地に立たされた私はこれまでであったら誰かに頼っていたその後の処理をすべて自分1人で頼る人もいないなかすべて出来たこと。また、ワーホリ中にラウンドをたくさんしており、旅行のプランを立てることがすごく慣れていて、家族が遊びに来てくれたときに成長した姿を見せられたこと。

人間として成長出来ました!

渡航国:オーストラリア

25才 女性

オーストラリアでワーホリするまでは、自分の意見などはっきり言える性格ではなかったです。

人の後ろにくっついて、陰に隠れているタイプだったと思いますね。

ところが、オーストラリアに行ってからは何でもはっきり言える性格になりました!

引っ込み思案ではダメ、自分から何でも挑戦するのが大事!

渡航国:オーストラリア

29才 女性

最初の時期は語学学校に通っていたのですが、この学校がかなり国籍比率が良くて同じクラスには南米出身者やヨーロッパ出身者もたくさん。授業中に臆することなく発言しまくる彼ら、それに対して日本人らしく引っ込み思案な私は中々積極的に発言できないでいました。でもこれじゃあ全然話せるようになりません。間違ったって恥ずかしくない、その為に勉強してるんだから!と、彼らに倣って自分からも積極的に発言するように心がけました。

積極性を身につけたことで、仕事探しにも生きました。

やっぱり英語力と自信

渡航国:イギリス

30才 女性

まだまだ勉強しなければいけない状態ですが、行った当時はほとんど口から英語が出てこなかったのですが、今では外国人相手の仕事ができるようになりました。それから、帰国間際に東欧を一人旅したおかげで、英語圏であれば一人で出ていける自信があります

一人になる事に慣れた私

渡航国:オーストラリア

50才 女性

それまでは、家族の世話になって自分ひとりになる事がなかったのですが、ワーキングホリデーで生活から何から何まで一人だという事を実感しました。一人になって初めていろいろな物ごとの大切さを学び、成長したと思います。

何もかも一人でやらなくてはいけなかったので

渡航国:フランス

25才 女性

フランスはあまり日本人がいません。

ですので、孤独との闘いって感じでしたね。

何でも自分一人で解決しなければいけない・・日本での私には考えられなかったことです。

おかげで、とても人間として成長できたと思います。

社交性がつき、話し上手になった

渡航国:オーストラリア

21才 女性

オーストラリアに行く前は、内気で異性とはもちろん、同性ともうまく話すことができませんでした。ワーキングホリデーに行って、オーストラリア人とかかわって、その文化に触れているうちに、だんだんその人懐っこい国民性に慣れてきて内気な性格を改善することができました。帰国後には友達にも変わったね!と驚かれました。

あらためて日本の技術の底力を再確認出来たこと。

渡航国:韓国

58才 男性

本場持込の料理を習得する為の渡航でしたが、技術力の高さと応用力の力を感じられる研修でした。自分が日本で学んだ事が逆に相手国の人たちに尊敬の念出迎えられ互の技術交流を通じて、人脈の幅が格段に広がり、仕事意外でもあらゆる情報を持つことができ、いい体験ができたと思っています。

ワーキングホリデーで内気な性格が社交的になった。

渡航国:オーストラリア

24才 女性

ワーキングホリデーに行く前は、1人暮らしも経験したことがなかったのですが、ワーホリ中は自分でアパートを探したり、仕事を探したりしなければならなかったので、自然と自分で生活する力が芽生えました。また、少し、内気な性格でしたが、仕事をしたり、1人旅をするうちに、社交的な性格になり、自分からも知らない外国人に話しかける勇気が出てきました。このワーホリのおかげで、ポジティブな内面の強い人間に成長できたと思います。

ココから始める!私のワーホリ\(^o^)/

Return Top