ワーホリデビュー

ワーキングホリデーで一番怖かったトラブル10個!

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
Loading ... Loading ...

日本ではあまり見ないような方に遭遇したこと

渡航国:オーストラリア

35才 女性

日本では、ドラッグやアルコールで完全に壊れている方に遭遇することはそう頻繁にあることではないでしょう。しかし、一歩外国に出ると、これはドラッグで少しおかしくなっているのかな、といった方に会うこともあります。危害を加えられることはないかもしれませんが、できるだけ早く安全なところに消えることをおすすめします。

契約が切れる前に仕事を辞めたいと言ったら嫌がらせをされた

渡航国:ニュージーランド

34才 女性

個人のワイナリーで仕事をしていた時に、契約内容とはことなる長時間労働や劣悪な住環境だったので、つたない英語で辞めることを伝えたら、かなり人手不足で大変な時期でものすごく罵倒され、私が予約していたバスなども勝手にキャンセルされ、残りの労働予定日数分の給料を支払うように言われた。さらに底を出る日の朝、私がシャワーを浴びてる間に全ての荷物が家の外に出されていました。本当に人が信じられずに命の危険さえ感じました。

酔っ払いのレベルも日本とは違う

渡航国:オーストラリア

26才 女性

オーストラリアでは飲食店で働くときに、アルコールを出すお店ではすべての従業員が免許を取得しなければならないのですが、やはり酔っ払いが非常に多く、日本人と飲む量も異なるので、酔っ払いにからまれたときが1番怖かった思い出です。

夜道を歩いていてホテルに誘われる。

渡航国:アイルランド

28才 女性

夜遅い時間は外出を控えるようにしていたのですが、3ヶ月くらい経った頃、用事のため少し帰宅が遅くなった日がありました。そのときに前から歩いてきた現地の男性に声を掛けられ、拙い英語力を振り絞って解読したのですが…意図が分かった途端に青ざめました。

やっぱり女性だから

渡航国:オーストラリア

36才 女性

飛行機からタダで、車に乗せてやるという事で、安易に乗ってしまいました。そうすると、夜もカジノで飲まないかと言われ、終いに、その人の弟も呼んで、ちょっと話を聞いたら「この日本人は英語がわからない」とのお話。危うく、トイレに行ってくると言ってその場から逃げたけど、なぜだか、彼の携帯が私のカバンにあり…取りに行くというが、何をされるかわからないので、バックパッカーの人に預けてもらって、朝6時に違う場所へ移動しました。タダよりこわいものはないなーと思いました。もう2度とあの都市へは行けません。

仕事帰りに海外の人とトラブルになりました

渡航国:オーストラリア

35才 男性

仕事が終わった時に、一人で飲み屋の町を歩いていると、周りに気づかずに通行人と接触してしまいました。通行人は筋肉質の人で因縁をつけながらなぐりかかろうとしたが、ちょうど警察が側にいて静止してくれました。因縁をつけられた事が怖かったです。

玄関ですごい物音がして・・

渡航国:オーストラリア

25才 女性

ある日部屋で寝ていた時の事です。

真夜中に玄関のドアを無理やり開けようとする音が。

ものすごい勢いでガチャガチャするので、すごく怖かったです。

隣のファンキーボーイが酔っぱらって、玄関を間違えたみたいでしたが。

クラブの女子トイレに、突然男性が入ってきた。

渡航国:カナダ

37才 女性

カナダでも、やはりトロントは大都市。いろいろなトラブルがあるようです。友達といったクラブで、女性用トイレにいたら急に大きな男性が入ってきて、べらべらしゃべりだして。どうもアブナイ薬を売りたかったようなんですが、言葉が通じなくてあわてて逃げました。

地下鉄でナンパされた時は怖かったです

渡航国:オーストラリア

35才 女性

手続きのために地下鉄に乗ったのですが、大柄な人にしつこくナンパされてしまいました。行く手を塞ぐような感じで前に立たれた上に、車内はガラガラだったので物凄い恐怖を感じました。悪気は無かったのかも知れませんが怖かったです。

銀行口座から勝手に知らない引き落としが毎月始まっていた

渡航国:ニュージーランド

45才 女性

現地の全国展開をしている銀行で口座を作りました。これなら、国中どこを旅していてもATMさえあれば現金を引き落とせます。

クリスマス前、私は旅行中でスチュワート島にいました。

お休みで長期現金が引き落とせなくなるなぁと思い、現金を引き落とし、通帳記入をしました。

通帳記入をしたのは久しぶりです。

ん?なんか数字が少ない。

こんなに貧乏なはずはないと、久しぶりにマジマジと通帳の詳細に目をやりました。

すると、全く身に覚えのない水道料金の引き落としが、3か月前から毎月引き落とされていました!

超頭にきて、そしてそれ以上にドキドキしました。はたして私の英語力で解決できるだろうか・・・。

現地でできた友達はみんな、オークランドにいます。口座もオークランドで開設しました。

その時の私はスチュワート島を旅行中です。例えるなら、青森県から出発し鹿児島県にいるようなものです。友達の力も借りられません。

ひとまず、スチュワート島の銀行窓口に行き、詳細を訴えました。

しばらくして奥から偉い人っぽい、スーツ姿のおじさんがでてきました。

「詳細を調べるのに時間がかかるし、クリスマス休みに入っちゃうし、来年に来てくれ。」っーじゃないの!

ドアホ~~~~。

「私は旅行中だし、オークランドにもどる予定で、年明けにはここにいない。どーにかせいっ!」と訴えました。「とにかく、この引き落としの金返せ!」と。

すると「今すぐには対応できないけど、オークランドの当行の窓口で対応できるよう連絡しておく。」とのことです。

それ以上は食い下がれなかったので、ひとまず旅行を続けました。

その後、オークランドの銀行窓口に行き、いきさつを訴えると、またしても奥から偉そうなおじさんが出てきました。

そのおじさんは紳士的に私に謝罪をし、お金は戻ってきました。

これで一件落着ですが、今思うと、勝手に引き落としが始まるなんて、日本ではありえません。

どうせワーホリの日本人だから英語もできないだろうと、銀行に騙されていたのかなあなどと考えてもしまいます。

現地の友人に話したら、「私だったら訴えて謝礼金をもらう。」と言っていました。

そうすればよかったかなぁ?

ココから始める!私のワーホリ\(^o^)/

Return Top