ワーホリデビュー

ワーキングホリデーで滞在中、ココだけの話、一番怖かった治安事情10個!

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (1 votes, average: 5.00 out of 5)
Loading ... Loading ...

現地の方が集まって騒いで寄ってきました

渡航国:オーストラリア

35才 女性

夜遅くに一人で歩いていたところ、現地の方が5人くらいで、酔っ払ってこっちに近寄ってきて大声で騒ぎはじめました。正直少し怖かったですが、目をそらして急いで逃げました。治安は比較的よい国だと思いますが、時間と場所には気をつけたほうがよいですね。

酔っぱらった外人に絡まれそうになった

渡航国:ニュージーランド

34才 女性

あまり治安が良くない町に滞在して仕事や観光をしていた時、日曜日に町の中心部を歩いていたら学生らしい若い集団が昼間から酒を飲んでいて大騒ぎしており周辺の人に絡んでいました。知らないふりをして通り過ぎようとしたら「コンニチワ」と日本語で話しかけてきて無視していたら走って追いかけてきて

「死ね」と言われた時は正直怖かったです。

後々知ったシドニーの歌舞伎町

渡航国:オーストラリア

26才 女性

シドニーへ移動した日から数日間、シドニーにあるキングスクロスという場所のバックパッカー宿に宿泊していました。後々知ることになったのですが、このキングスクロスという場所はシドニーの歌舞伎町と呼ばれている治安のあまり良くない場所だったのです。そこで、貴重品を丸ごと盗まれました。

酔っぱらいに絡まれる。

渡航国:アイルランド

28才 女性

アイルランドは、イギリスなどに比べたら安全だろうなどと勝手に思っていたのですが、やはりそこは海外でした。他のヨーロッパ諸国の観光地などと同じレベルで考えていたのですが、大きな間違いでした。どこの国であっても油断はできません。

意外に落とし穴

渡航国:オーストラリア

36才 女性

あるオーストラリアでも有名な都市だったのですが、とにかく広いです。ストリートで賑やかな場所だなと思って、歩いたら次のストリートではまったく、人通りがない場所へ。どう見ても健常者ではない人が私に近づいてきたので、ダッシュしたのを覚えています。

銃が使われている所の治安事情

渡航国:オーストラリア

35才 男性

オーストラリアのほとんどの地域は治安が安定しているが、滞在していた時に偶然にも銃を乱射する現場を見かけました。銃を乱射する現場の地域の周辺では、治安が悪い状態で銃の乱射が怖かったです。その後に警察の管轄地域となっていたので、立ち入り禁止の区域となりました。

銃声の音を生まれて初めて聞きました

渡航国:オーストラリア

25才 女性

仕事の帰り、そんなに暗くなかったので歩いて部屋に帰っていました。

すると、歩いている先の方で銃声が。

日本ではそんな経験なかったので、めちゃくちゃ怖かったです。

後で聞いたのには、警官が威嚇発砲したとのことでした。

トロントでも夜の中華街は要注意です。

渡航国:カナダ

37才 女性

カナダのトロントにいました。トロントはかなり治安がいいのですが、やはり夜は怖いですね。一度スペイン系の友人たちと夜中に中華街を歩いていて、中国人男子とケンカになりそうでした。相手はナイフみたいなのを持っているし。泣きそうでした。

治安は良いと聞いていましたが

渡航国:オーストラリア

35才 女性

オーストラリアの治安は良いと聞いていたので、安心して夜でもアパートから出る事もありました。実際にそんなに危ない感じはしなかったのですが、帰り道で迷ってしまって不良みたいな集団に後ろを付けられた事がありました。すぐに駅前に出たので難を逃れましたが怖かったです。

銃撃事件があったと知らなかったよ

渡航国:ニュージーランド

45才 女性

現地の人と彼氏彼女の関係になり、一人暮らししている彼のアパートで同棲を始めました。

場所はニュージーランドのオークランドのはずれです。

ある日の午後、一人で近所の酒屋さんに買い物に行きました。

なんとなく照明が暗く、店員さんとパッとした会話もなく、「暗い店だな~。」と感じました。

玄関先の壁に大きなシミがあったのが印象的でした。

誰かの落書きを落とそうとして余計にシミが広がったのかと思いました。

その夜、仕事から帰宅した彼にこの話をすると、「そのお店では1か月前に銃撃事件があり、人が死んでいるんだよ。そのシミは、血液だねきっと。」とのこと。

「うへぇ~。先に言ってよ。この町、そんなに治安悪かったの。」

と、ゾクッと怖くなりました。

知らないって、怖いです。

ココから始める!私のワーホリ\(^o^)/

Return Top