ワーホリデビュー

ワーキングホリデー、実際に行って後悔したこと10個!

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (1 votes, average: 3.00 out of 5)
Loading ... Loading ...

ワーキングホリデー、実際に行って後悔した点について

渡航国:オーストラリア

38才 男性

私がワーキングホリデーでオーストラリアに1年間滞在して後悔した点は、オーストラリアの現地の語学学校では型にはまった教科書通りの英語学習しか行われず、もっと生きた現地の英語を学びたかった私は語学学校の教育方法についてもっと事前に下調べをしてから語学学校を選べば良かったと後悔しました。

食生活の違いで体調が悪化

渡航国:オーストラリア

22才 女性

後悔とはちょっと違うかもしれませんが、食生活に慣れることができずに、体調を崩してしまいました。下痢や嘔吐が激しくてつらかったです。結局、帰国するまで慣れることができず、食事は楽しいものではありませんでした。

最初の3ヶ月は後悔の連続

渡航国:オーストラリア

26才 男性

最初の3ヶ月は何度も帰りたいと思い後悔をしたものです。

それは、英語が上手く伝わらなかったり、

仕事先が上手いこと見つからなかったりして、

自分一人の力の無力さを痛感しました。

その後悔を乗り越えた先に明るい未来が待っているはずです。

ワーホリに行くならある程度貯金は合ったほうがいいです。

中々仕事が見つからなかった場合も想定していかないと死にます。。。笑

事前準備が重要だった会話力

渡航国:カナダ

26才 女性

海外に行けば英語が話せるようになると思って行きました。しかし実際には事前の準備が足りなさすぎてほとんど会話が出来ません。一度しか使えないワーキングホリデー。もっと勉強してから、英語を試す場として使えばもっと充実したものになったのではと後悔しています。

せっかくワーホリに行ったのに、現地

渡航国:カナダ

37才 女性

せっかくワーキングホリデーで1年も海外にいたのに「何にもならなかった」という人もいます。そういうケースは、たいてい日本人同士で遊んで、全然現地人と交流していません。アパートを借りて日本人の友達と遊んで終わっちゃったひとは、後悔してますよー。

ワーキングホリデー、大都市のシドニーを選んで少し後悔。

渡航国:オーストラリア

24才 女性

私のワーキングホリデーはオーストラリア、シドニーを選びました。シドニーは大都会で、平日は街中が大変混み合います。東京ほどではないですが、バスも電車も満員に近いです。もっとオーストラリアらしい自然が残る、のんびりした田舎街にワーホリに行けばよかったと少し後悔しています。

休日をもっと取ればよかったです

渡航国:オーストラリア

25才 女性

私がワーホリに行って後悔したことは、あまりあちこちに出かけられなかったことですね。

仕事を入れすぎて、休日があまり取れなかったです。

ちょっと張り切りすぎたかな・・。

もし次行くなら、もっと休みを取りたいなと思っています。

仕事も生活もブルーでした

渡航国:台湾

40才 男性

遊び気分無しでかなり気合いを入れて挑んだワーホリですが、失敗でした。仕事では、会話に時間が掛かるということで、途中からは隅で立っている時間が増えていきました。部屋も隣の騒音が酷くて毎日がブルーでした。運が悪かったのでしょうね。

本末転倒な結果になってしまいました

渡航国:フランス

37才 男性

フランスでワーキングホリデーの目的と言ったら、フランス語の勉強でした。

しかし結局、日本食レストランでの勤務が忙しくなり、思ったように勉強ができませんでした。

これだったら、普通の留学の方がよかったかもしれません。

住まなきゃわからない他国の生態

渡航国:韓国

25才 女性

テレビでは他国のイメージというものは限られています。

実際に住み、生活しなければその国民や国の実態は見えてきません、

韓国にワーホリに行って、韓国人や韓国の良い所も知り、その倍悪い所も知りました。

知り合いには、嫌になって早々に帰ってしまう人もいました。

悪い所を多く知るは目になったのは少し残念でした。

ココから始める!私のワーホリ\(^o^)/

Return Top