ワーホリデビュー

ワーキングホリデー、ガッカリさせるかもしれない実態10個!

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (3 votes, average: 2.33 out of 5)
Loading ... Loading ...

ワーキングホリデー、ガッカリさせるかもしれない実態について

渡航国:オーストラリア

38才 男性

私は大学2年生の時にオーストラリアにワーキングホリデーを利用して一年間滞在しましたが、オーストラリアではかなりの数のオーストラリア人から日本人を差別する言葉を投げかけられた事がありました。

私がオーストラリアに滞在中に一番悲しかった事は、職場で仲良くしていたオーストラリア人が、実際には陰では日本人の私の事を差別する用語を使って陰口を叩いていたという事です。

その事を私はそのオーストラリア人の友人だった中国人から聞いて知ったのでした。

日本人同士で交流・行動

渡航国:オーストラリア

22才 女性

ワーキングホリデーで「英語を身に着ける」「現地の文化を知る」と意気込んで行っても、結局ワーキングホリデーに来ている日本人と交流・行動してしまうのが現実です。日本人同士で日本語を話し、ただの観光旅行化している人も多いです。

外人は大らかというが、それは人によります

渡航国:オーストラリア

26才 男性

オーストラリアの街で道に迷って英語で尋ねた事がありますが、

意外と無視をされたり、嫌な顔された経験があります。

ネット上だと皆優しいとかフレンドリーとか書いてありますが、

あくまでそういう人が多いだけで、

冷たい人や悪い人も沢山います。

ホームステイはたいていガッカリ?

渡航国:カナダ

26才 女性

最初はホームステイをするということはよくあると思います。しかし温かい家族に迎えられて楽しく過ごせる、とは限りません。受け入れ側の家族はただのビジネスとして割り切ってやっていることも多いです。行く家によっては食事の問題や家族の対応が最悪だったり。食事が全然食べられなくてもキッチンは使わせてもらえないなど普通にあります。

英語も仕事も中途半端で終わることもあり。

渡航国:カナダ

37才 女性

ワーキングホリデーは語学学校にも通えて、アルバイトもできる制度です。どっちもできればいいけど、どっちも中途半端で終わる可能性もあります。勉強したいなら学生ビザでいった方が良いこともありますよ。お金はかかりますけどね。

びっくりするくらい移民の多い国!

渡航国:オーストラリア

24才 女性

オーストラリアはあまり知られていないかもしれませんが、移民の多い国です。オーストラリアに来る前は白人しかいないだろうと考えている方も多いと思います。ですが、実際はシドニーの中心街はアジア系を中心に移民と外国人旅行客で溢れかえっており、人混みの大きさに驚くくらいです。オーストラリアは東南アジアに近いからだと思われますが、アジアの国にいるのかと錯覚を起こすくらいです。ガッカリするかもしれません。

ワーホリはいいことばかりじゃない

渡航国:オーストラリア

25才 女性

ワーホリに行ったら、楽しいことばかりが待っていると思う人は少なくないでしょう。

実際にはそんなことはありません。

思ったような仕事に就けないとか、部屋が予想以上に古いなどという現実が待っているかもしれませんよ。

職場の問題は万国共通です

渡航国:台湾

40才 男性

言葉が完璧で仕事もバッチリ。ならばワーホリは問題無しかと言えば、そんなことはありません。職場が殺伐としていたり、厳しい上司や嫌味な同僚が待っている可能性もあります。暖かい職場が用意されていると、勝手に思い込んでしまいがちですが。

日本人の仕事と言えば、日本食レストラン

渡航国:フランス

37才 男性

ワーキングホリデーの場合、当然現地で働けることがメリットなのですが、日本人の働き口はあまり多くありません。

パリであっても働き口は、日本食レストランが中心となります。

日本人が結構多いので、結局パリに何しに来たんだろうという機になります。

ボッタクリには気をつけよう

渡航国:韓国

25才 女性

韓国という国に行ってみて感じたことは、やはり道やトイレの汚さです。

日本が綺麗すぎるのかも知れませんが、日本に育ったものとしては結構きつかったです。

また、外国人相手のボッタクリも日常的にあります。

正しい知識を身につけて行かなければ泣き寝入りになります。

ココから始める!私のワーホリ\(^o^)/

Return Top