ワーホリデビュー

現地のサイト訳してみた カナダ政府のワーホリサイト

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
Loading ... Loading ...
カナダ国旗

カナダ国旗

現地のサイトを訳してみた!今回の訳してみたのは…

Government of Canada
Canada International
=国際カナダ(政府の外国人誘致のサイト)
内のWorking Holidayについてのページ
詳細はコチラ→

1. 年齢について

※Eligibility Criteria(応募条件)の欄
To be eligible for the Working Holiday category, you must: (ワーホリ制度に応募可能になるために、あなたは..)
原文
“be between the ages of 18 and 30 inclusive at the time your application is received”

日本語訳
“申請書類が受理された時に、18歳以上、30歳以下であること”

年齢はどこも同じですね~。

2. 国籍について

原文
“be a Japanese citizen”

日本語訳
“日本国籍を有していること”

当たり前です(笑)

3. 資金について

原文
“have the equivalent of C$2,500 to help cover your expenses at the beginning of your stay”

日本語訳
“当初の滞在費として2500カナダドルを有していること”

2014/7現在のレートだと、約23万7000円!

4.残高証明の発行日について

※F&Qのページ
原文
“You must have a statement from your bank account that must have been issued no more than one (1) week before your departure for Canada.”

日本語訳
“あなたの持つ銀行口座の残高証明書は、カナダへ出発する1週間以内に発行されたものでなければならない。”

あらかじめ用意しておきたいところですが・・・苦笑

5.健康保険について

原文
“be prepared to take out health-care insurance for the duration of your stay – you may have to present evidence of this insurance when you enter Canada”

日本語訳
“滞在期間中の健康保険を準備していること(入国時に証明書の提示をしなければならない時もあり)”

保険の準備も大変ですねぇ~

6. 申請費について

※pay a participation feeのページ
原文
“The participation fee is currently 150 Canadian dollars, or 14,250 yen.”

日本語訳
“申請費は2014/7現在150カナダドルか14250円です。”

安めですね

7. ワーホリに参加できる回数

原文
“not have participated in the Working Holiday category before. As a Japanese citizen, you may participate in International Experience Canada only once”

日本語訳
“以前にワーキングホリデービザを取得、利用したことがないこと。日本国民として一度しか利用できません。”

オーストラリア以外は人生に一回のみ!

8.入国前の職探しについて

原文
“do not have a pre-arranged job in Canada.”

日本語訳
“事前にカナダでする仕事を準備していないこと。(入国前に見つけるのはNG!)”

あくまで休暇ですもんね

9. ワーホリビザの発行数について

原文
“There is a limit of 6500 places for 2014, assigned on a first-come, first-served basis.”

日本語訳
“2014年の制限は6500人です。”

毎年達するか達しないか微妙な応募数のよう

10.仕事探しについて

原文
“The Embassy of Canada to Japan cannot help you locate prospective employers in Canada. You may source an employer through travel and work abroad organizations, recruitment agencies, Internet job sites or newspapers. You may also wish to consult Working in Canada..”

日本語訳
“在日カナダ大使館はカナダでの仕事を斡旋することはできません。斡旋団体、ウェブサイト、新聞などで雇用主を見つけることができます。Working in Canadaというサイトを活用することもできます。”

つまり、「現地で自分で探せ!!」ということでしょう(笑)

今回はココまで!
カナダは数字がキチッとしてて、まとめておかないと見落としてしまいそうですね~

ココから始める!私のワーホリ\(^o^)/

Return Top