ワーホリデビュー

オーストラリアのワーキングホリデーがザックリわかる10のこと

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (1 votes, average: 5.00 out of 5)
Loading ... Loading ...

オーストラリア国旗

オーストラリア国旗

気候も穏やかで時差も少なく、治安も比較的いいオーストラリア。季節が逆なので真夏のビーチでBBQをしながら過ごすクリスマスなんて貴重な体験もできてしまうかも?ビザ取得まで時間もかからないので、思い立ったらすぐ出発っていうのも!?そんなオーストラリアのワーキングホリデーって?

1. オーストラリアでワーキングホリデーの魅力って?

日本では体験できない大自然や動物達とのふれあい。都市に住んでいながらも海や森林に密着した生活。まさにワーキング(仕事)しながらホリデー(旅行)を体験するのにはぴったりな国なのです。

2. オーストラリアのワーホリ対象年齢は?

申請時18~30歳未満が条件。31歳の誕生日前なら申請が可能です。ビザを取得し1年以内に入国することが条件であります。

3. オーストラリアのワーホリ期間は?

入国日から1年間ですが滞在中3ヶ月間、政府指定の農業などの仕事に就労する事によって更に1年のセカンドワーキングホリデービザが取得可能。果物や野菜の収穫等仕事内容はさまざま。またオーストラリアには「セカンドワーキングホリデー」という制度があります。諸条件を満たす仕事をした人が対象で、ワーホリビザが1年間延長できるものです。

4. オーストラリアのワーホリビザはどうやって取るの?

オーストラリアのe-visaから取得します。早くて2日、不備が無ければ1週間以内に取得できます。ビザ取得にはお金がかかり、支払いはクレジットカードです。

5. オーストラリア渡航前に準備したいお金はいくら必要?

3ヶ月分(約50万)の滞在費は用意しておくこと。とはいえ中には10万くらいで来たよって言う強者も。物価が上昇中の国ですので、多いに越したことはありません。

6. お得、おすすめ出発時期

雪が降るほど冷え込むことはまずないので、比較的どの季節も入りやすいです。お得な航空券を見つけたらその時が出発の時期ですね。JET STARなどで格安航空券もチェック!

7. オーストラリア渡航人気都市

6つの大都市があり、それぞれの魅力があります。
<ケアンズ> 
グレーとバリアリーフの玄関口とも呼ばれる小さな街。海好きでまったりと過ごしたい人向き。
<シドニー>
最も大きい大都市。人の多さも情報も仕事も学校の量もダントツです。出発点にはおすすめの街です!
<メルボルン>
イギリスの文化が残るこの街はファッションやアートが好きな人におすすめ。
<ブリスベン>
街も小さく、遊ぶところも少なめですが、ゆっくり静かに勉強したいという人に向いています。
<パース>
別名「世界で1番美しい都市」と呼ばれるだけあってとてもキレイです。遊びと勉強も上手く両立できるでしょう。
<ゴールドコースト>
サーフィンも有名で1年中ばっちり常夏を味わいたい人にはおすすめ。

8. オーストラリアではワーホリビザてどのくらい学校に通えるの?

最大4ヶ月通うことが出来ます。生きた英語を身につけた後は、仕事をしたり、友達を作っていけば英語力もどんどん伸びていくでしょう。コーヒー文化が盛んなオーストラリア、短期のバリスタコースで本格コーヒーを学んでみてのもあり?

9. 仕事をしてみよう!

一つの雇用主で6ヶ月まで労働が可能。その都市の情報サイトで見つけてみたり、レジメ(履歴書)を持って、飛び込みを方法があります。英語に自信があったらローカルの情報に目を向けてみても良し。
また、お酒を扱っているお店で働きたい場合にはRSAという資格が必要だったりしますので、やりたい職種に合わせて事前の情報収集はしておきましょう。

10. 現地でのお金のこと

お金の管理、お給料の振込に必要ですなので着いたらすぐに口座開設をしよう!
またオーストラリアで働くためにはタックスナンバー(納税者番号)が必要です。タックスナンバーはオンラインから申請します。

ココから始める!私のワーホリ\(^o^)/

Return Top