ワーホリデビュー

イギリスのワーキングホリデーがザックリわかる10のこと

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (1 votes, average: 4.00 out of 5)
Loading ... Loading ...

イギリス国旗

イギリス国旗

ワンダイレクション(1D)の活躍やサッカー日本代表の香川選手のマンチェスターユナイテッド入団で人気再燃!?のイギリス。音楽やファッションなど流行の発信地で、ロンドンのオックスフォードストリートは憧れの場所。そんなイギリスでのワーキングホリデーって?

1. イギリスでワーキングホリデーの魅力って?

ワーキングホリデーは現地でアルバイトをしながら、生の英語を学ぶことができます。働きながらブリティッシュイングリッシュを学び、イギリスライフを体験することができます。
普通の留学では体験すること、学ぶことの出来ないことがワーキングホリデーにはあります。

2. イギリスのワーホリ対象年齢は?

イギリスの場合はビザの申請時に18歳から30歳までの方が対象となっています。ビザの申請を30歳までにしておけば、入国時に31歳になっていても問題ありません。

3. イギリスのワーホリ期間は?

イギリスのワーキングホリデービザでは入国した日から2年間滞在が可能で、ワーホリ制度がある国の中でも最長です。(2014年4月現在)
またその間の出入国は自由となっています。2年間イギリスで生の英語に毎日触れ、素敵なイギリスライフを楽しむことが出来ます。

4. イギリスのワーホリビザはどうやって取るの?

イギリスのワーキングホリデービザはYouth Mobility Scheme (通称YMS)と言われます。取得するのはけっこう大変。理由は、年間定員が1,000人で、応募期間2日間しかなく、応募者の中から無作為の抽選で選ばれるから。
申請自体は、応募期間中に英国出入国管理局に必要事項をメールで送り、当選するとビザ申請出来る!という流れです。

5. イギリスのワーホリビザには申請時期がある!

イギリスのワーホリビザ申請は年間1,000人の制限に対して応募数は1~2万人と言われています。しかも応募期間が2日間!?とかなりの難関。
応募期間は、毎年1月です。例えば、イギリスワーホリビザ2014年の応募は、日本時間の2014年1月6日(月)正午から1月8日(水)正午まで。抽選結果は2014年1月15日(水)に発表されています。応募日程の発表自体は2013年11月下旬にあったので、「10月くらいからは特に注意して応募期間をチェック!」という気持ちを忘れずに。

6. イギリス渡航前に準備したいお金はいくら必要?

ワーホリビザ取得の際には預金残高が少なくとも1,800ポンド(2014年4月下旬のレート換算で約31万円)必要、という条件があります。その他にも渡航費、当面の生活費などを考えると、100万円程度用意するといいと思います。
もちろん現地でアルバイト等をしてお金を稼ぐことが出来ますが、物価が高いイギリスなので、住む場所の賃料等、諸経費が色々とかかるもの…さらに語学学校に通いたい場合は追加でお金が必要となりますので、150万円を目安にすると良いでしょう。

7. お得、おすすめ出発時期

イギリスへの出発は春がオススメ!イギリスの冬は5度~7度程度になり、ロンドン地方でも雪が降ることもあります。いきなり冬に渡航すると、たくさんの冬服を日本から持っていくことになり大変なので、春の渡航をオススメします。
4月~5月になると上着がなくても外出できるくらい温かくなります。夏でも日本とは違い湿気が少なく過ごしやすいため、春に渡航して、夏を満喫、慣れた頃に冬を迎えるという感じですね(笑)

8. イギリス渡航人気都市

イギリスでワーホリをするのなら「ロンドン」がオススメです。ロンドンは中世ヨーロッパの歴史的な雰囲気と、現代モダン・デザインが融合した都市です。またイギリス中から多くの人が集まるので、生粋のロンドンっ子のLondon Englishだけでなく、地方訛りの英語も日常的に耳にすることが出来、ブリティッシュイングリッシュを学ぶには絶好の地です。
ほかには、歌手アデルが住んでいる事でも有名な都市「ブライトン」。イギリスの中でも有数のリゾート地として知られていて、パブやナイトクラブも多い楽しめる都市です。

9. イギリスワーホリビザでどのくらいの期間学校に通えるの?

イギリスでのワーホリの場合、就学期間に制限がないためビザの有効期間である2年間、好きなだけ学校に通うことができます。
ワーホリ出来る英語圏で、オーストラリアは4ヶ月まで、ニュージーランドは6ヵ月まで、などのワーホリビザの就学期間制限があるので、英語をしっかり学びたい!思っている方にとってはイギリスの条件は良いですね。

10. 現地での仕事・お金のこと

イギリスのワーホリではアルバイトだけではなくフルタイムで働く事も可能。ただフルタイムの場合は滞在期間の半分の期間までという就労期限があります。
また日本と同様に最低賃金が決められているイギリス、アルバイトの平均時給はだいたい6ポンド前後だそうです。

もっとイギリスのワーキングホリデーについて知りたい方はここをチェック!
http://ryugaku.kuraveil.jp/country_united-kingdom/p_working-holiday/

ココから始める!私のワーホリ\(^o^)/

Return Top